エコの検定での出題範囲

エコの検定は、環境に関することが出題されます。
たとえば、地球はどのように成り立っているのか、海や川がどれくらい存在していて、森林が土壌に及ぼす役割はどんなものなのか、という、いわゆる自然環境についてのことです。

これは最近問題になっていますが、漠然としすぎて、しかも問題が大きすぎて、具体的に考えられないことだと思います。
きちんとした知識を持っておくことで、より問題に取り組みやすくなるでしょう。また、その環境を壊してしまう公害についても出題されます。
大気汚染や、海や川の汚れ、最近では放射性物質による土壌の汚れも心配されています。
いたずらに心配して不安になるだけでなく、対策を知る助けにもなりそうです。

これらの環境問題に取り組む、具体的な方法に関しても出題されます。
世界規模でどのように取り組んでいるのか、企業はどのような技術で対策しているのかなど、驚くようなこともたくさんです。

また、これらの取り組みを応援し支援するための法律に関しても出題されるそうです。

そのような企業が、環境問題に配慮して開発している商品についても学べます。
消費者としては、どのような商品を買うべきか、という判断の助けになります。
1人の人間として、ゴミを減らしたり、生活で出る排水を工夫したりするために何をしたらいいか、ということも出題されます。
資格を取得するために学習するだけでなく、自分が何をできるだろうか、と考えるきっかけになります。

Copyright (C)2017いま注目のエコに関する検定試験案内.All rights reserved.